NEC MY-26Lにて、修理の案件です。

ご依頼内容:検査管理システムにて時刻がずれる為、検査データの管理が出来ない。設備停止日に、現場で実施をご希望。
対応内容:
 (1)PC内部バッテリ検査。
 (2)PC本体の点検。点検は各種ログの確認と診断治具で実施。特にHDDは不良セクタの有無や連続稼働時間を確認。
 (3)HDDのバックアップとPC本体の修理。
 (4)内部分解清掃。
結果:
 (1)電圧に異常は認められなかったが、新品へ交換した。
 (2)PCの各種ログに異常は認められなかった。また診断ツールでもマザーボードなどの異常は認められなかったが、マザーボードを交換した。
 (3)バックアップは問題なく完了。HDDの稼働時間が10万時間を超えておりHDDを新品へ交換した。
 (4)内部に大量の埃あり、清掃を実施。問題のあったマザーボードで評価機を組みなおし、ランニング試験を開始した。
 (5)メンテナンス後、5日間程度様子見をして、時計がずれていない為、処置完了のお客様承認を頂いた。

FUJIDENSO Notes

 PCで時刻がずれる場合、主には、PCの内部バッテリの電圧が不足していることが原因となります。その他、PCのマザーボード自体の劣化や埃などの集積での誤動作が引き起こされるケースもあります。
 今回のお客様がお使いのシステムは、PCの時計から得たタイムスタンプを使い検査データを経時的に比較・管理するシステムでしたので、PCの時計がずれるのはシステムの使用者にとって致命的な不調でした。
 短時間の調査では原因を明確にできず、不調原因と考えられるパターンをあげだして合算で対策をしました。一方で、原因究明のためのランニング試験を別途行うこととしました。
 お客様や案件により、まずシステムを正常に復帰させることが主のご要望で、次に原因究明が従のご要望となるケースは多々あり、ご要望に則して進め方をご提案することが大切だと考えております(復旧できれば原因は不明で良いというケースも御座います)。

対象のPC NEC PC-MY26です。事務用に使用されるPCですが、軽いソフトウェアにて構成する産業用システムに使用するケースも多々あります。

通信基板です。左側が清掃前、右側が清掃後。

CPU FAN(上部左が清掃前、上部右が清掃後)やマザーボード(上部左が清掃前、右が清掃後)にも大量の埃が積もっており、稼働環境は良くない状況でした。
また、HDDの稼働時間は10万時間を超えており、ほぼ24時間稼働で10年以上使用された形跡があり、PCの時計がずれる原因は様々な要因が考えられました。
古物品で状態の良いマザーボードへ交換しています。