NEC産業用PC FC-E18Mにて、メーカ付属のリカバリCDでの復元ができない事象への対応案件です。

ご依頼内容:NEC産業用PCでメーカ純正リカバリCDを使い初期状態の環境を作りたいが、リカバリ後の再起動でブルースクリーンとなる。
対応内容:
 当該PCにて現象が再現することを確認しました。当該PCは20年程前のPCで市場に残る交換部品が少なく調査と検証に時間がかかりました。当該PCの部品で疑わしい部品を順次交換し、愚直な切り分け試験でエラーの原因を探り、リカバリ後正常にOSが起動する状態としました。

FujidensoNotes

PC上でメーカ製の業務システムソフトウェアが動作しているケースでは、純正部品の入れ替えによる切り分け試験を愚直に行いトライアンドエラーで問題を一つ一つ解決します。
代替部品を使用してPCを動作させることが可能であっても、「一旦動く」ことと「継続して安定して動く」ことは異なります。

メーカ製の業務システムにおいて、導入時の仕様に無い部品を使い修理することは、「メーカが作りこんだ安定性」を損うおそれがあります。弊社では基本的に純正の同型式の古物品を手に入れて修理する方法を推奨しています。

確認されたブルースクリーン
ブルースクリーン